下町黒虫会

江戸下町で、中年オヤジがオオクワガタを真剣に飼育しています。
下町黒虫会 TOP > 2017飼育

2017KLB途中経過1

毎日蒸々して寝苦しい夜が続きますが、

関東地方はやっと梅雨があけましたね。

これから夏本番ですが猛暑を乗り切り頑張りましょう。



前置きはさておき、

2017KLBのエントリーを拝見すると皆熱い!

これからの猛暑のようですね。



本日、クワ部屋の棚をチェックすると、たまたま最前列の1本のボトルが

目に入りました。

ラベルを確認すると、これまたたまたま2017KLBにエントリーしたボトルでした。

途中経過として報告します。


P1040460.jpg

P1040462.jpg

P1040461.jpg

P1040463.jpg

P1040464.jpg


ボトル投入後39日経過しましたが、中々の成長ではと思います。

2本目の交換が楽しみです。

オスであることを願います(笑)



スポンサーサイト
[ 2017/07/19 18:50 ] 2017飼育 | TB(-) | CM(4)

2017年度飼育頭数確定


2017年度の飼育頭数が確定したため

画面左側の「飼育データ」「組合せ表」を更新しておきました。

今年度は採卵に苦しみクワ友に支援して頂いたため312頭飼育することが出来ました。

里子は特A血統ですのでしっかりと1年間飼育し結果を出せるように管理して行こうと

考えております。


血統番号2017年1番は、チョネさん企画 「久留米限定バトル2017・KLB」 に

参戦しています。エントリーしているブリーダーのレベルが非常に高いため

上位に食い込めるように頑張ります。

[ 2017/07/08 23:04 ] 2017飼育 | TB(-) | CM(4)

現況報告

激務中のため更新をサボっている主水です。

すっかりと忘れられていて存在感全く無しですね。

今シーズンは、幼虫採りに大苦戦していています。

クマモンさんから38頭、虫蔵さんから59頭助けて頂き何とか

1年間楽しめそうです。

現在200頭程投入済で、今月末までに150頭投入予定と考えています。




現在のクワ部屋の様子



投入を控えている800ccボトル
棚1



雑資材
棚2



投入を控えている800ccボトル と虫家と割出しを待つ産卵セット
棚3



虫家内の割出しを待つ産卵セット
棚4



虫家内の割出しを待つ産卵セット
棚5



羽化を待つ2016年度個体と割出しを待つ産卵セットとスカ産卵セット(放置中)
棚6



羽化を待つ2016年度個体
棚7



投入済の2017年度幼虫
棚8




今月中に1本目投入を完了して、来月から掘り出しを始めなければならないのですが・・・

頑張らなくては・・・

毎年の事ではありますが私はこの時期が一番嫌いな時期です。



最後に、

クマモンさん、虫蔵さんあり貴重でVIPな幼虫を飛ばして頂きがとうございました。

幼虫採り苦戦中チョネさんには、ご心配をお掛けし申し訳ございませんでした。



[ 2017/06/17 11:13 ] 2017飼育 | TB(-) | CM(10)

2017年度スタート

ご無沙汰しております主水です。

相変わらず業務多忙でクワ飼育は放置状態が続いています。

2016年度3本目の交換がオス・メス合わせて60本程度消化していませんが

正直、2017年度がスタートしたため完全に放置しています。

しかし飼育部屋の環境がとても良いためなのか、

きのこが発生したボトルは10本程度でした。

さて本題に移りますが、昨日より2017年度のペアリングを開始しています。

本年度は昨年度までとは作戦を変えて、1本目の投入を遅くても6月中旬までとし

いつまでも粘らないで採れないラインは潔く諦めて、

いつまでも産まない早期メスは絶対に粘らないこととします。

飼育数は、14ライン270頭程度と計画し作業効率を良くして飼育時間の時短に努めます。

飼育精度を上げて久留米の先頭集団に追いつけるように頑張ります。

・・・毎年言っていますが、成果に現れないですね(笑)


2017ペア1


2017ペア2


写真は、ペアリングセットですが私はオーソドックスな方法で行っています。
[ 2017/03/19 11:59 ] 2017飼育 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

主水

Author:主水
首都圏久留米党党員の「もんど」です。東京のチョネさん、kazさん、熊本のクマモンさん、静岡の虫蔵さんと共に久留米産オオクワガタの特大化を目指し頑張っています。2017年シーズンは7年目です。

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: