下町黒虫会

江戸下町で、中年オヤジがオオクワガタを真剣に飼育しています。
下町黒虫会 TOP > 2012年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

自作オオヒラタケ材

2012シーズンは、堅実に飼育した2011シーズンと思考を変えていろいろとチャレンジしてみたい。

やるからには、きちんと綿密な計画をたててみて失敗を恐れずに実行していく。

昨年の12月から自作で産卵木にオオヒラタケ菌を植菌していて、3月までには

自分なりに満足のいくオオヒラタケ材を作ってみようと製造過程を何パターンか

試している。成功すればもちろん採卵に使用してみたい。



自作オオヒラ材1

写真左:皮剥ぎ後(薄いザラザラの皮は未処理)
写真右:熱湯処理後



自作オオヒラタケ材作成に必要なもの

自作オオヒラ材2



自作オオヒラ材3

写真左:クヌギL材植菌後の半割り(植菌後1ヶ月培地)
写真右:クヌギ3L材植菌後(植菌後1週間培地)


上記写真の材の他に現在試作で3本の材を仕込み中ですが、なかなか良い仕上がりです。

これからの課題は、材中に雑菌が混入しないように品質を管理して、

常に、オオヒラタケ菌が支配して最高の状態を保つことです。

また、採卵時期に問題なく自作材が使えれば低コストで爆産が期待出来ます。


最後にkazさんお互いに頑張りましょう。

 クリック↑↑↑↑↑↑クリック
スポンサーサイト
[ 2012/01/21 23:35 ] 2012飼育 | TB(0) | CM(8)
プロフィール

主水

Author:主水
首都圏久留米党党員の「もんど」です。東京のチョネさん、kazさん、熊本のクマモンさん、静岡の虫蔵さんと共に久留米産オオクワガタの特大化を目指し頑張っています。2017年シーズンは7年目です。

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。