下町黒虫会

江戸下町で、中年オヤジがオオクワガタを真剣に飼育しています。
下町黒虫会 TOP > 2014年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

強制早期と越冬

記事の更新をサボっていたら宣伝が出てしまった。

最近九州久留米党の交換報告が強烈なインパクトを与えているため

存在感の無い主水です。

特に躍進中の田舎っぺ大師匠に圧倒されてしまい年末からの交換報告を

スルーしようと少しだけ思っています(笑)

前置きはそのくらいにしておいて、

今日久しぶりにクワ作業をしたためネタにしてみたいと思います。



タイトルのとおりまずは強制早期羽化から、

今シーズンは、7頭チャレンジ中でありますが虫家投入約1ヵ月後動きが出始めました。

早期7頭

早期30度

3頭が蛹室らしきものを形成、1頭が移動中、3頭は音沙汰無し(確認出来ない)

7頭全て約120日で交換をしています。理由はあえて90日交換はせずに、

引っ張れる限り引っ張り個体の色や皮の厚み等成熟度を確認し、

私の経験上成熟しきった個体を選び強制早期選抜組みにしています。

ちなみに成熟していないはねた固体は10~15頭程度いました。

なぜ、はねたのかは私的見解ですが、体重が載っていても成熟していない個体に

温度を掛けると羽化サイズがダウンしてしまうと考えるからです。

つまり本来は52mmで羽化してくる個体が50mmで羽化してくるのではないかと

自分で勝手な解釈をしているからです。



蛹室形成中
早期蛹室

移動中
早期移動

何とか1月上旬には52mmで羽化させたいですね。




続いて強制越冬です。

私は、カビ、ダニが大嫌いなため毎年越冬マットには工夫をしています。

その工夫をすれば必ずカビとダニを防止出来ます。

ただし、前段取りとして越冬マットに保管する前に成虫に付着したダニを完全除去

しなければなりません。

前段取りのダニ除去作業は簡単で成虫管理マットにダニ除去マットをいくらか

混ぜてあげれば完全にダニを除去できます。

越冬マットの仕込みは結構大変なので、ほとんどの人が仕込みをするのを諦めるでしょう。

なので興味のある人は私信で伝授します。



越冬マット
越冬マット

強制越冬の管理は11月下旬から1月下旬までタッパーに入れて冷蔵庫保管をします。

スペースをとらなくて簡単に出来ます。



フタに4箇所空気穴を開け、側面に個体番号を記載します。

越冬タッパー




自作越冬マットと成虫を入れます。

越冬固体




脱走防止のため(sendoさんのように85mmが脱走するとみっともないので)テープ固定します。

種親候補24頭




完了後冷蔵庫に保管

冷蔵庫保管




1月下旬に再活動させます。
スポンサーサイト
[ 2014/11/29 17:15 ] 2014飼育 | TB(0) | CM(5)
プロフィール

主水

Author:主水
首都圏久留米党党員の「もんど」です。東京のチョネさん、kazさん、熊本のクマモンさん、静岡の虫蔵さんと共に久留米産オオクワガタの特大化を目指し頑張っています。2017年シーズンは7年目です。

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。