下町黒虫会

江戸下町で、中年オヤジがオオクワガタを真剣に飼育しています。
下町黒虫会 TOP > 2015年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

3本目交換

今日は久しぶりにクワ作業に時間が費やせたため、

日中は3本目交換、空き瓶の洗浄、クワ部屋の整理をして、

夜は交換報告を記事にしてみます。

ちなみに明日は、冷蔵庫保管していた2015シーズンの種親を休眠から覚醒させます。


本題の交換報告はと言いますと現在オスの交換は残すところ8頭で、

メスの交換はまだ17頭しか行っていません。

メスは比較的ビンの状態が良い物は2本返しとしてみますが、メス全体の7割程度は

3本返しの予定でいます。

今シーズンは、昨シーズン35gUPの幼虫が全滅したことを反省して自分自身に

テーマを持ち実行してみました。結果として特大幼虫は1頭もいませんでしたが、

昨シーズンと比較してみると確実に前進したと思います。

そのテーマとは何かと言うと、メタボ幼虫を自らの飼育で育てない(造らない)と言う

自分自身の飼育方針です。

今シーズン使用したエサで久留米党プロトタイプKSP1が水分量が少なく

私の方針にたまたまあてはまったことが結果としてメタボを減らす事が出来ました。

もう一つメタボを減らせた事は、LEVIN-Gのブロックを崩した後、半日~1日放置して

水分を飛ばしその後ビン詰めをしたことにより、幼虫の水太り(メタボ)を減らす事が出来ました。

交換写真は、小さい固体も含め全体の8割程撮影し見比べています。

長い時間何度も見ていると、自分の勝手な基準で完品羽化してきそうな気配のする

幼虫が限定されてきますが、果たしてニヤニヤすることが出来るかは6月のお楽しみに

しておきます。



クマモンさん、虫蔵さん、田舎っぺ大師匠、これから交換報告するチョネさんと比較すると

かなりショボイ交換報告となりますが、数頭抜粋して写真を載せます。




メタボ幼虫
14久留米2-16 313g ×

14久留米1-16 301g ×

上の画像の2頭はメタボなので多分不全でしょう。




今期最大幼虫
14久留米4-8 352g ○

昨年の幼虫と比較すると、お腹がすっきりしているため期待しています。




メタボだけど・・・
14久留米3-4 306g ○

この幼虫はメタボですが、お尻がしまっているため上羽が逆三角形で羽化しそうな予感がします。




スリムでメタボでない幼虫
14久留米14-2 341g ◎

14久留米13-2 327g ◎

14久留米6-23 318g ◎

上の画像の3頭の形状で35gを所有出来れば期待が持てると思います。





還元率の良さそうな幼虫
14久留米8-1 289g ◎

大きな幼虫では有りませんが、もしもこの幼虫が84mmで羽化したら間違いなく種親で使います。




スリムで還元率の良さそうな幼虫
14久留米6-21 342g ◎

今期最も期待している幼虫です。果たしてどのようなサイズで羽化してくるか?





上記記載の感想は自分自身で設けた基準に準じているため参考になるかは解りません。

また、秤で検量する前に3分ほど放置して3個糞を出してその後検量しています。




スポンサーサイト
[ 2015/01/25 02:53 ] 2014飼育 | TB(0) | CM(14)
プロフィール

主水

Author:主水
首都圏久留米党党員の「もんど」です。東京のチョネさん、kazさん、熊本のクマモンさん、静岡の虫蔵さんと共に久留米産オオクワガタの特大化を目指し頑張っています。2017年シーズンは7年目です。

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。