下町黒虫会

江戸下町で、中年オヤジがオオクワガタを真剣に飼育しています。
下町黒虫会 TOP > スポンサー広告> > きっかけ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

きっかけ

人間趣味を楽しむことは良いことだ。いろいろな趣味があって、

人それぞれいろいろな楽しみ方があって、打ち込むことは良いことだと思う。

私自身20代前半は、東京湾でシーバスを追い旧江戸川、荒川、三番瀬に

年間50回程度釣行していた。

20代後半からは、長野県の千曲川源流にイワナを求め年間で

20回程度釣行していた。やがて家庭を持つようになるといつの間にか

千曲川源流に足を運ぶ回数が年間で3回程度と減ってしまった。

いつもそれなりの釣果を得ていたから充実していた。

2007年9月のある時、川の状況が最悪な時周辺にクワガタはいないのかと

ダメもとで探してみた。

すると、アカアシクワガタのオス1頭とメス1頭が採集できた。

家に持ち帰り一生懸命飼育方法を調べた。翌年2008年7月に幼虫が採れた。

そこから1年時間を費やして2009年6月に成虫に羽化した。

採集→越冬→ペアリング→割り出し→幼虫飼育→蛹化→羽化と1サイクル自分で

飼育方法を調べて成功したので、とても嬉しかった。

その後書籍やインターネットでいろいろと調べていくうちに国産オオクワガタが

とてもかっこ良く見えた。その中でも大型固体に最も魅力を感じた。

そのころから私の中でオオクワ飼育に火が付いてしまったようだ。

趣味もルアーフィッシングからオオクワ飼育に変わり始めた。

その後、いろいろと飼育についての情報を収集して2010年からブリードを開始しました。
スポンサーサイト
[ 2011/02/15 22:55 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

主水

Author:主水
首都圏久留米党党員の「もんど」です。東京のチョネさん、kazさん、熊本のクマモンさん、静岡の虫蔵さんと共に久留米産オオクワガタの特大化を目指し頑張っています。2017年シーズンは7年目です。

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。