下町黒虫会

江戸下町で、中年オヤジがオオクワガタを真剣に飼育しています。
下町黒虫会 TOP > スポンサー広告> 方針 > 1年365日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1年365日

オオクワ飼育は個体差にもよりますが、割り出しから羽化まで約1年の時間を

費やします。私は1年間を無駄なく飼育して過ごせるように計画を立てます。

まず頭の中で考えて整理して立案してみます。

立案したものを見直して改善していきます。

そんなことを何度か繰り返しているうちに正しいか間違っているかは別として、

自分なりにベストな計画が完成します。

結局、12ヶ月と思っていた年間の日程が覚醒からカウントすると

約15ヶ月かかってしまいます。

採卵に失敗してしまうと取り返しの付かないことになってしまうので、

覚醒の日程及び温度を慎重に決定します。

その根拠は、割り出し時期から逆算して決めますが、私の場合は割り出しを

6月上旬~6月下旬までの期間として覚醒は2月下旬とします。

とにかく、採卵と割り出しに成功できるように日程と温度を管理します。

割り出し後は、菌糸ビン3本返しを基本として1・2・3本目の使用日数と

成長ステージに適した温度を設定します。

そして最終段階でセミ化防止策としてショックを掛ける時期と日数を決めます。

以上のことを綿密に計画すると約15ヶ月の飼育管理体制が整うでしょう。
スポンサーサイト
[ 2011/02/16 23:38 ] 方針 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

主水

Author:主水
首都圏久留米党党員の「もんど」です。東京のチョネさん、kazさん、熊本のクマモンさん、静岡の虫蔵さんと共に久留米産オオクワガタの特大化を目指し頑張っています。2017年シーズンは7年目です。

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。